うつの治療には抗うつ剤が最適|特徴を詳しく解説

薬物療法のポイント

悩む人

パンクした脳を手助け

軽症のうつ病の治療では心理教育と支持的精神療法が主に行われますが、中度や重度のうつ病ではそれらに加えて薬物療法がおこなわれます。うつ病に対する薬物療法の中心となるのが抗うつ剤です。抗うつ剤にはSSRI、SNRI、NaSSAなど比較的新しく開発されたものや、三環系、四環系といわれる昔から使われてきたものもあります。抗不安薬や睡眠薬を一時的に併用することもあり、状況によっては気分安定薬や抗精神病薬などを併せて使うこともあります。うつ病を発症すると脳の中で気分や意欲にかかわる神経伝達物質のバランスが崩れてくると考えられており、抗うつ剤によりバランスを整え、活性化し治療していくわけです。主にセロトニンなどの神経伝達物質がうまく働かない、脳の神経を活性化させる物質の働きが低下している、ストレスにかかわる脳の神経回路が乱れているなどの機能不全が起こっており、このパンクした脳を抗うつ剤が改善してくれます。また、抗うつ剤と聞くと副作用を心配する人もいて、口が乾く、便秘になる、眠気などが主な症状として現れることがあります。ただし、副作用には本人にとって有害なものと有害なものでないものもあり過度に心配するのはよくないことです。たとえば、うつ病の症状の中でも不眠に悩まされている人は多いですが、不眠で困っている人にとって眠気という副作用は助けとなり、必ずしも有害なものではありません。抗うつ剤は複数の種類と複数の製品があるので、薬を選ぶときにはこの点も考慮されます。この抗うつ剤を使用した治療にはポイントがあり、一つは治療開始前に薬に関する十分な知識を本人や家族が持つことです。主作用と副作用、使用する期間や量などに関して医師や薬剤師と十分に話し合って、お互いの信頼関係を構築しておくことが大切です。また、基本的に不快な有害作用を抑えるために抗うつ剤を1種類選び、少量からスタートさせます。なんとか早く治したいという気持ちは、本人やその家族、担当医にもありますが、焦らずに最初は1つ1つの薬の効果や有害作用を見極めることが大事です。気になる症状があるときには自己判断で服用を中止するのでなく、担当医や薬剤師に報告や相談をすることが大切になります。その後は、有害作用に注意しながら自分に合う抗うつ剤を十分な量を飲むのが一般的です。薬の量が最初よりも増えてしまうので不安になったり、がっかりする人も多いですが、薬物療法では有効性を発揮できる量をしっかりと服用することが重要になります。

Back to Top