うつの治療には抗うつ剤が最適|特徴を詳しく解説

服用

どの薬をどれくらい飲むか

うつの治療では基本の抗うつ剤のほかに抗不安薬や睡眠薬などが処方されることもあります。加えて副作用を抑える薬が出ることもあり、病院によまり、また、本人の症状により処方される期間も異なります。費用が負担にならないよう理解しておくことが大事です。

Read More

うつ病の効果的な治療法

相談

薬治療の特徴

精神疾患の一種のうつ病は、患者数が非常に多く、治り難いことで有名ですが、年々医療が進歩して有効な治療法が取り入れられるようになりました。環境的要因と身体的要因の二種類に発症の関係性があると言われていますが、未だに明確な原因は解明されていません。環境的要因は、過去のトラウマや家庭問題、生活環境の変化などのことで、身体的要因は、脳に関連する病気や疲労、ホルモンバランスの変化などが該当します。又、過度なストレスが要因となってうつ病になることも多く見受けられているので、生活を送る上で様々な事に気を付けなければいけません。うつ病になるほとんどの人が真面目で神経質な性格で、仕事などの許容量の判断を間違えて一気にストレスを溜めてしまうケースが多いようです。普段から気を張らず、リラックスして仕事をすることや、休日はしっかり体を休めることがうつ病にならないための最も行いやすい予防方法です。又、栄養バランスの取れた食事をしたり、定期的に運動を行うのもストレスの発散に効果的だったりするので、健全な生活を送ることが大切だと言えるでしょう。もし、うつ病になってしまったら、いち早く心療内科等の専門の病院に行って診察を受けるようにして下さい。早めに対処し、スムーズに治療を開始することが大切なので、可能性が少しでもあると感じたら病院へ急ぎましょう。うつ病の治療方法は、定期的なカウンセリングを行いながら体を休め、抗うつ剤などの薬を使い、症状を和らげることです。うつ病になった場合、ストレスをこれ以上溜めないような環境を作ることが大切なので、できることなら仕事を休業し、自宅でゆっくりして回復に向かわせた方が良いでしょう。抗うつ剤には様々な種類があり、人によって効果的な薬が違うので、カウンセリングで様子を見ながら処方してもらうのが一般的です。抗うつ剤を利用するのは、脳の中にあるモノアミンという神経伝達物質を増やし、脳内のバランス調整を行うためです。その他にも、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質の生成を助ける役割があり、うつ病以外だとパニック障害や不安障害などに使用されることがあります。抗うつ剤を飲み始めても効果が出るまで1ヶ月くらい掛かるようなので、効果が表れないからといって途中で飲むことを辞めてはいけません。うつ病は非常に難しい病気なので、すぐに治らないのは当たり前のことで、抗うつ剤などを使って根気強く治療を続けていくことが回復の近道になります。

悩む人

薬物療法のポイント

中度から重度のうつ病の治療で多くの場合行われる薬物治療では、主に抗うつ剤が使用されます。薬に関する十分な知識を持ち、医師や薬剤師と相談しながら有害作用に注意して適した薬の種類と適量をみつけていくことが大事です。

Read More

薬

様子を見ながら毎日服用

うつ病の薬物治療は抗うつ剤を使用しますが、自分に合う薬を見つけて少しずつ増やしていくのが基本です。薬の選択の際に、眠気やだるさ等の不快症状が出ることもありますが一過性のもなので、服用をやめずに医師に対処法を確認しておくことが大事です。

Read More

医者

薬の知識を身につけよう

中度以上ののうつ病では抗うつ剤による治療も行われます。発症する原因や症状の現れ方が様々なこともあり、個々人によって処方される抗うつ剤も様々です。一度で選定するのは難しく、それぞれの薬についての効果などを知っておくことが大事です。

Read More

Back to Top